お墓参り・お墓掃除でのマナーと用意するもの

代理出席・代行サービス全国展開の【想い屋本舗】キャスト登録・ご依頼募集中!

■お墓参りの時期

一般的なお墓参りの時期としては春秋のお彼岸・お盆・故人の命日・正月・年忌法要などです。

■お墓参りの作法

基本的にお墓参りに特別な作法はありません(宗教的に特別な作法がある場合は除く)。大切だった亡き人やご先祖様に感謝し、手を合わせるという行為・気持ちが大事なのです。基本的に服装にも制限や決まりなどはありませんが、髪色・メイク・アクセサリー・肌の露出などあまり派手な格好は控えましょう。

■持ち物・用意するもの

・生花
・線香
・ろうそく
・ライター(マッチ)
・お供え用のお菓子や飲み物
・それを置くための半紙
・数珠
・花ばさみ
・タワシやホウキなどの掃除道具
・ごみ袋
・ひしゃく、手桶、

(霊園・墓地に備えられていたり管理事務所で借りられたり販売されている場合もあります。)

■寺院墓地の場合は

お寺に着いたら、まず本堂に一礼してから、本堂のご本尊をお参りし、ご住職に挨拶するのが礼儀です。

■お墓参りの順番

手桶に水を汲んでお墓に行き、合掌礼拝してから墓地の掃除をします。掃除を終えたら花立てに水を入れ、花ばさみで長さやバランスを整えた花を飾ります。お供え用のお菓子や飲み物は半紙の上に置きます。季節の果物や故人の好物を備えるのも良いです。ただし、故人が好きだったからといってお酒を墓石にかけるのは避けた方がいいです。

そして線香を点火して香炉に立てるか、線香皿の場合は横に寝かします。線香の火は口で吹き消すのではなく手で煽いで消します。

一通りのお参りと掃除が済んだら、花と線香以外のお供え物は持ち帰ります。もちろん飲んで食べて大丈夫です。持ち帰るのは、カラスなどに食い散らかされないためです。

■キャストとしてお墓参り・お墓掃除をするために

自分の感覚や自分の一般常識、またこのページを見ることだけでは知識や礼儀が十分でないかもしれません。ですので絶対に依頼のたびに各自でネット検索をするなり本を読むなりして礼儀・マナーを勉強し再確認してください。

結婚式・お葬式・お墓掃除・レンタルフレンド・愚痴聞きなどなど全国対応の代理出席・代行サービス【想い屋本舗】