お通夜・お葬式での一般マナーと用意するもの

代理出席・代行サービス全国展開の【想い屋本舗】キャスト登録・ご依頼募集中!

■どれに参列?全部に参列?

近年では葬儀・告別式に参列しづらくなった人はお通夜のみに参列することが多くなってきています。中でも特に、親戚やごく親しい友人知人を除いた一般会葬者はお通夜のみに参列する場合が増えてきているそうです。もちろん故人に思いが強い方はお通夜にも葬儀・告別式にも両方に出て大丈夫です。

■服装の基準は?

本来お通夜は、訃報を受けてから時間無く行われるものなので平服(普段着)でもよいという考え方がされてきました。前もって喪服を準備しておくのも不謹慎だという意味もあったようです。しかし近年では、葬儀・告別式に出席しない方も増えてきて、お通夜が故人との最後のお別れだということになる点から、お通夜にも喪服を着用することが一般的と言えます。

■どういう服装をすればいい?

突然のことなのがほとんどですので、あまり深く考えずに冠婚葬祭用のブラックスーツ・ブラックフォーマルを着て行けば問題ありません。もちろん普段から一着(一式)は持っておく必要はあります。そしてもちろん、ネクタイも靴下も靴も黒で揃えるのが常識です。金具類(ネクタイピン・結婚指輪以外の指輪・装飾品)の装着は避けるようにしましょう。

■和服はNG

遺族・親族以外の参列者は和服は避けた方がいいです。理由としては遺族・親族よりも格式の高い喪服を着るのは失礼ということです。

■喪章もNG

出先で喪服を用意することが出来なかったなどの理由から「喪章をつければ参加して大丈夫か」という質問を受けたことがありますが、喪章は遺族が身に付けるものなので、参列者が付けるものではありません。喪服が用意できなかった場合には、派手な服装を避けて平服(普段着)で向かうようにし、「突然のことで喪服の用意が間に合わなかった」旨を遺族へ伝えれば問題はありません。

■殺生を連想させたり肌の露出もNG

毛皮のマフラーやコートなど殺生を連想させるものは不謹慎です。メイクも派手にせず、あくまで自然なものに抑えましょう。マニキュアや香水もダメです。ストッキングも黒を着用し、素足では行かないようにしましょう。

■アクセサリー類もNG

結婚指輪以外のアクセサリーは着用しないのが常識ですが、唯一の例外で一連のパールのネックレスがあります。パールは涙の象徴とされていますので不謹慎には当たりません。しかしアクセサリーは基本的にNGと覚える方が無難です。

■必要なもの・服装

・ブラックスーツまたはブラックフォーマル
・香典、ふくさ(新札はNG)

■基本的な流れ

1.受付にて簡単にお悔やみの言葉を述べる
2.お香典を渡し、芳名帳に記帳する
3.棺が安置されていて裁断のある部屋へ入りお焼香を行う
4.通夜振る舞いを受ける

■キャストとして参列するために

自分の感覚や自分の一般常識、またこのページを見ることだけでは知識や礼儀が十分でないかもしれません。ですので絶対に依頼のたびに各自でネット検索をするなり本を読むなりして礼儀・マナーを勉強し再確認してください。

結婚式・お葬式・お墓掃除・レンタルフレンド・愚痴聞きなどなど全国対応の代理出席・代行サービス【想い屋本舗】